FC2ブログ
フリークスタジオオフィシャルブログ
小説書評「新世界より」
ブログ1日1投稿。新作のリリースがまだまだ当分先の予感ありなので、せめてこっちのリリースは頑張りますw

いずれ書くネタも尽きるので、その前にいろいろと手広くカテゴリ作っておこうと思いまして、
まずは小説感想とやらを。
ネタバレ一切無し、されど面白いことは伝わるようにチャレンジです。

一つ目は、
貴志祐介の「新世界より」。
上中下の大ボリュームですが、中盤から後半はあっという間に読み終わってしまいました。

1000年後の日本の、日本人の少年少女(青年?)達の話で、
なぜか超能力が使えて、それぞれ得意な超能力が違う。という話。
なぜ使えるのかは、物語を読み進めていくうちに分かるんですが、
とりあえず上巻の前半は、世界観描写に力を注いでいるのか、自分には相当に・・・。相当に、退屈でした。
正直言って、退屈すぎて、ざっと読み進めて次々とページをめくった記憶があります。
ところが、上巻の後半に差し掛かったあたりから、
なんだか分からないのですがそこからはすさまじいジェットコースターのようでした。

そして、創作者としては、言葉(単語)の持つ表現の力 というのを、
何度も、まざまざと見せつけられました。

例えば・・・これなら、ネタバレにならないと思うので書きますが、

超能力で、首を ねじ切る

といった表現。が今でも忘れられません。

ただ切るんじゃなくて、 ねじ切る というのが、
なんだかすごく残酷で、超能力でかまいたちでも発生させて、ぐるぐるグルぎゅいいいいん という感じで、
首が何十回も回転してちぎれ飛ぶみたいな。そういうイメージが沸かないですかね?

たった ねじ切る という表現だけなのに、
なんでここまで超能力のすごさをイメージさせられるんだろう。
と。
創作において、選択する単語は重要だなと思わされた一瞬でした。

まだ読んでない方は、とても幸せだと思いますw
なぜなら、このまだ知らないストーリーを体験できるわけですから。
おすすめ第一号として文句なしに、この「新世界より」を挙げさせていただきました。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]